日経225口座を確実に開くならひまわり証券かトレイダーズ証券

システムトレードも同時に学び利用できます

日経225取引はリスク重視でスタートしよう

ここでは管理人の勉強と経験から、賢い日経225取引の始め方をお伝えします。ポイントは、慣れるまでは「日経225ミニ1枚で投資」と「システムトレード」を学ぶことです。

「日経225ミニ1枚で投資」については、リスクの観点からです。ミニ1枚であれば100円負けたら1万円です。その程度だと緊張感がないなと思うかもしれませんが、日経225は2〜3日で300円ぐらい動くことはありますので、気を抜かないで。

オプションについては、安いものであれば5000円もあれば買えます。つまり、最大損失は5000円です。ただし、コールでもプットでも売りの場合は、損失が10倍など大きくなるリスクがあるので、初心者は買いだけの方が無難です。

システムトレードの学び方と、日経225口座基準が甘い証券会社

「システムトレード」については、日経225相場への参加者はシステム運用の投資家が、個別株よりも多いと言われています。そのため、システムで「利大損小」の基本を学ぶと同時に、相場ライバルの投資手法も見えてくるかもしれません。

システムについては書籍よりも、証券会社のセミナーで学んだり、実際に提供システムを利用するなどした方が学ぶスピードが上がるし、学ぶレベルも高いです。同時に、日経225取引の基礎的な知識なども付きますし、一石二鳥です。

現在、日経225取引のシステムを提供しているのは、岡三オンライン証券ひまわり証券トレイダーズ証券。どれかに口座を開いて、学ながらミニ1枚で実践するのがいいでしょう。

日経225の口座開設は一応、証券会社から株式など経験が問われます。落ちることはあまりないと思いますが、ひまわり証券とトレイダーズ証券は日経225先物中心の証券会社なので、口座はほぼ確実に開くことができ、すぐに投資も可能なので、投資歴など不安があるの日経225口座開設にはおすすめです。