松井証券はネット証券のパイオニア企業です

個別株の手数料が高いのがネックです

松井証券のまとめ

松井証券のおすすめ度:★★★★
・理由:大証FXを取り扱っている

松井証券の詳細情報

手数料、レバレッジ、取扱い商品
先物
手数料
ミニ
手数料
OP手数料
約定金額×○%
証拠金
SPAN(R)×○%
現物株 公的
FX
¥525 ¥105 ×0.21% ×120% 可能 可能
手数料詳細

特になし。

特徴・サービス

■ネット証券のパイオニア

松井証券は業界で先駆けてネット証券に進出したパイオニア企業です。

コメント

松井証券は個別株、日経225取引に投資ができる大手ネット証券です。大証FXも取り扱いを始め、商品ラインナップをそろえてきています。

ただし、個別株の手数料が非常に高く「現物買いの先物売り」といったリスク回避の両建てをするのも容易ではありません。例えば、個別株の手数料は、岡三オンライン証券の上限が1277円なのに対し、松井証券は105,000円です。少なくとも短期投資では大きなネックになっています。

日経225先物ミニと大証FXだけに投資をするなら多少価値も見出せますが、それなら他の証券会社で売買した方が合理的と言えるでしょう。