日経225先物と日経平均の値動きはほぼ同じです

個別銘柄に迷うこともなく、倒産リスクもありません

日経225先物とは?日本を代表する指数への投資で単純です

日経225先物、日経225mini取引は、日経平均株価とほぼ同じ値動きをする「日経225先物」を売買する取引です。日経225というとおり、日本を代表する225社の平均値。そして先物というとおり、日経平均を少しだけ先取りした値動きをします。

つまり、日本の景気が今後上がるのか下がるのかを予測しての投資となります。個別株にあるような、それぞれの材料に迷うことがないため、ある意味単純な投資です。そのため、近年個別株よりも人気が高まっています。

日経225ミニ(mini)取引は、日経平均先物の10分の1の値段で取引します。つまり言葉の通り、小額投資家のためのミニ取引です。そのため、当サイトで日経225先物取引についての記述は、基本的に日経225ミニ(mini)取引と同様のものと思ってください。

日経225先物は倒産リスクなく、レバレッジの利用も可能です

日経225先物やミニの値動きは、日経平均株価と同じと思って問題ないです。以下は、2007年2月16日から同年3月30日までの、日経平均株価と日経225先物の価格の推移です。ほぼ、同じですよね。その理由は最低取引が入るので、基本的に2つの価格に大きな乖離が生じないためです。

日経225先物と日経平均株価の相関性

だから、日経225先物、日経225mini取引は、「今後、日経平均株価が上がると思えば買う」、逆に「今後、日経平均株価が下がると思えば売る」そういう投資です。現物株の信用から売りのように、売りからも入ることができます。

メリットは、例えば今後日経平均株価が上がると予想した場合、現物株であればトヨタが上がるのか?ソニーが上がるのか?○○が上がるのか?と銘柄選択に迷います。しかし、日経225先物、日経225mini取引なら、銘柄選択をしなくていいのです。しかも、主要225社の平均ですから、倒産する心配はゼロ!安心して投資が可能です。

売りの場合もメリットがあります。現物株の信用から売りをする場合、貸株料というコストが必要です。しかし、日経225先物、日経225mini取引ではそのコストが必要ありません。

日経225先物の売り

ただし1つだけ注意することがあります。それは、日経225先物、日経225mini取引は期限があるということです。3月、6月、9月、12月の第二金曜日が期限です。専門用語では、限月といいます。

つまり、例えば今が4月5日とします。この場合、6月の第2金曜日までにポジションを決済しなくてはなりません。そのため、約2ヶ月程度の投資となります。だから正確に言えば、今後上昇するかどうかというよりは、「6月の中ごろまでに上昇すると思えば買う」という感じの投資です。もちろん、決済と同時に次の限月のポジションを持てば、ほぼ長期投資となりますが。

そして、「日経225先物と日経225miniの違いは何?」ということになります。この答えは、日経225取引が今、人気急上昇の理由にもなります。

人気の理由とは、日経225先物と日経225mini取引は、レバレッジを利かすことが可能なのです。レバレッジとは、元金以下での投資も可能だし、元金以上の投資も可能であることを意味しています。

例えば、株の優良銘柄を買うには、最低でも資金が200万は必要でしょう。2007年4月時点で、三菱UFJフィナンシャル・グループの株価は140万円です。しかし、そうした優良企業225社の平均値である日経225先物は、60万円程度の元金で投資可能です。日経225miniであれば、10万円から投資が可能です!!!

つまり、日経225先物と日経225miniの違いは、小額から投資可能か否かです。もちろん、その分先物のほうが利益は大きいですが、リスクも大きいというわけです。あとで詳しくお伝えしますが、簡単にいえば、日経225miniは日経225先物の10分の1の取引です。

なお、この必要な資金は若干変動します。その計算は、大阪証券取引所がSPAN(R)という米国がつくった計算式で算出しています。細かい計算式は覚える必要はありません。2007年4月現在で、日経225先物でおよそ60万円。日経225miniで約6万円です(証券会社により、最低10万円のところもあります)

さて最後に、日経225先物および日経225miniのリスクとリターンの比較をしたいと思います。

100万円を元金に、日経225先物が18000円の時に1枚購入。1000円上昇した場合、100万円の利益。逆に1000円下落すれば、100万円の損失です。全部、なくなります。。。だから、小額資金で日経225先物を投資するなら、短期投資をするか、最低でも200万円ぐらいほしいですね。でもうまくいけば、短期的に大きな利益になります。

一方、同じく100万円を元金に、日経225miniが18000円の時に1枚購入。1000円上昇した場合、10万円の利益。逆に1000円下落すれば、10万円の損失です。これなら、安心ですね。もちろん、レバレッジが可能なため、やろうと思えば、最大日経225miniを16枚建てることも可能です。その場合、利益はなんと!160万円(+160%のパフォーマンス)ですが、逆の場合はリスクが高いのでおすすめできません。

つまり、リスクを最小限に日経225miniで始めて、慣れたらレバレッジを利用すれば、小額でも大きな利益を得ることが可能なのです。

日経225先物のレバレッジ